交通事故の相談件数合計27,398件の安心の実績。交通事故の示談交渉は弁護士法人ALGに無料相談

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の累計相談件数:27,398件  ※H19年7月~H29年6月まで

交通事故被害者の方へ
交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポートいたします
  • 累積相談件数27,398件以上
  • 交通事故の経験が豊富な弁護士とスタッフが連携。ご依頼者様の望む示談を目指します
  • 医学博士が率いる医療チームが後遺障害等級認定をサポート
増額しなければ、費用は頂きません!

相談・着手金0

弁護士費用は後払い

※ご相談のケースによっては例外もございます。

弁護士法人ALG&Associates弁護士集団 示談交渉は全てお任せください

医療問題に本気。だからこそ、後遺障害等級認定に強い。

"交通事故に強い弁護士はどう選ぶ?" "医学知識がなぜ必要なのか?"

医学博士の学位を持つ弁護士が解説します
インタビュー動画内容
交通事故の後遺症事案では、なぜ医学知識が求められるのでしょうか?
なぜ医療過誤訴訟にも精通している弁護士でないとダメなのでしょうか?
後遺障害事案を適切に処理できる弁護士の選び方は?等
「医学知識を持つ弁護士が強いワケ」ページへ

交通事故に遭われてどのような事でお困りですか?

交通事故お役立ちコンテンツ

交通事故解決事例

弁護士法人ALGでは様々な交通事故事件を解決してきました。

増額PickUp事例

  • 増額事例1むち打ち
  • 増額事例2後遺障害
  • 増額事例3高次脳機能障害
  • 増額事例4過失割合
  • 増額事例5休業損害
増額事例1むち打ち

保険会社の提示額から約3倍も増額した金額で示談

賠償金額
約70万円
約215万円

ご依頼者様はむち打ちにより頚部痛・背部痛・腰痛等の後遺症があり、後遺障害等級併合14級が認定されました。後遺症部分については自賠責保険金額の限度のみで認め、最終の支払額は傷害部分を合わせて約70万円とされており、裁判で認められるであろう金額との乖離が大きかったため、担当弁護士が、裁判例に基づいて、適正な金額を支払うように示談交渉を行いました。その結果、最終の支払い額を約215万円とすることで示談をすることができました。

慰謝料や逸失利益の額は、目安となる基準が必ずしも確実というわけではありません。

具体的な事情によってどのような額が適正なのかは異なりますので、賠償額を算出するにあたって漏れがないかを確認するためにも、専門家にご相談されることをおすすめします。

詳細を見る
増額事例2後遺障害

異議申し立てにより後遺障害等級2級1号が認定

後遺障害等級
3級3号
2級1号

一時停止の標識がある丁字路交差点で相手方車両が前方左右の確認を十分に行わずに交差点へ侵入したところ、交差点上を直進してきたご依頼者様運転車両と衝突したという事案です。

ご依頼者様は脳挫傷、外傷性くも膜下出血等の症状に見舞われました。その後、神経系統の機能又は精神の障害について後遺障害等級として自賠法施行令別表第二第3級3号の認定を受けていましたが、まだ認定内容に不服が残るということでご相談を受けました。

そこで、既出の日常生活報告書に加えて、ご依頼者様を介護しているご親族の陳述書を作成し、ご依頼者様の日常生活における動作の具体的な様子と不都合が生じている状態を補足説明する、という準備をしました。その結果、自賠法施行令別表第二第2級1号の認定を受けるに至りました。賠償額に関する示談交渉においても、具体的な損害の内容に加えて示談交渉した結果、賠償金6,000万円を支払う内容で示談が成立しました。

詳細を見る
増額事例3高次脳機能障害

訴訟提起後9ヶ月で5,900万円増額

賠償金額
約2,100万円
約8,000万円

被害者が同級生の友人にドライブに誘われ、同乗したところ、運転者の友人が暴走しカーブを曲がり切れず、電信柱に衝突し、被害者が車外に放り出された事案でした。保険会社は、同乗した自動車が改造車であることを必要以上に重く見て、過失割合を5割であると主張してきたため、高度の高次脳機能障害であるにもかかわらず、損害賠償として2,100万程度の提示がされました。

弁護士が介入し訴訟を行ったところ、当方の弁護士が算定した損害額の算定方法を基準に、過失割合を2割とすることで合意し和解になりました。損害賠償としての獲得額は、自賠責から支払われた金員を含め合計約8,000万円となりました。

なお、裁判では、高次脳機能障害の症状と事故の過失割合が争点となっており、複雑な訴訟でしたが、訴訟提起後9カ月で終了しスピード解決した事案でした。

詳細を見る
増額事例4過失割合

事故態様の入念な調査により無過失を証明

過失割合
7割
0割

ご依頼者様はショッピングモール内の駐車場において、駐車スペースから通路に進入するため、少し頭を出して待機していたところ、ご依頼者様の車両前方を一旦通過した相手方車両が突然後退を始め、停止中であったご依頼者様の車両に衝突しました。

相手方は、ご依頼者様に対して7割の過失を求め、一切の資料の提出を拒み、過失割合に関しても譲歩の姿勢を見せませんでした。

また、弁護士会照会にて物件事故報告書を取寄せて事故状況を確認したところ、詳細な事故状況が記載されておらず、双方の認識している事故態様に食い違いがあるのかが分かりませんでした。

そこで、リサーチ会社に依頼し、双方の主張する事故態様の聴取を試みた結果、事故態様に関する認識は双方一致していることが判明しました。

相手方に一方的な過失が認められるべきであるという書面を作成し、再度示談交渉を行った結果、相手方は全面的に自らの非を認めるに至り、相手方からご依頼者様の修理費用を全額回収し示談成立となりました。

詳細を見る
増額事例5休業損害

保険会社の提示額から約3倍の金額に増額

休業損害
日額5,700円
日額9,697円

ご依頼者様は、事故により5か月近くも通院を要する頸椎捻挫の傷害を負いました。

ご依頼者様は、事故当時パートタイマーでも働いており兼業主婦であったのですが、仕事の面でも家事の面でも支障が生じました。

休業損害に関しては、事故後2か月間の実通院日数分の休業期間で、日額は自賠責基準の5,700円で算出された額で提示されていました。

相手方に主張して粘り強く示談交渉を進め、最終的には、日額としては賃金センサスをもとに全年齢女性平均賃金額(日額9,697円)を、休業期間としては実通院日数の半分以上の日数を、休業損害として認めさせることができ、慰謝料の増額も併せて示談交渉し、最終的な金額の面でも、賠償の内容としても、ご依頼者様にご納得いただける示談を成立させることが出来ました。

詳細を見る

新着増額解決事例

一覧を見る
事例数:196

ご相談事例

一覧を見る

裁判例

一覧を見る

交通事故のご相談を頂いたお客様の声

ご相談頂いた方からのアンケートを掲載しております。
※アンケート画像をクリックで拡大します。

交通事故のご相談を頂いたお客様の声
連絡担当者が各々会話でき、役割分担が明確で信頼できました。
長い間、出口が見えず、痛みと経済的負担が大変な生活の解決になりました。煩雑な保険屋との書類の対応が一任でき、期待以上の増額に気持ちの切り替えができ感謝です。迅速な対応と結果に大満足です。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
安心してまかせられると思いました
女性の弁護士さんで、わかりやすく、丁ねいな対応でした。親しみが感じられ、安心してまかせられると思いました。小さな事故の依頼だったので不安だったのですが、お任せ下さいと言われホッとしました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
適切なアドバイスと権利を教えてくださいました
私の長い話を終始穏やかに聞いて頂けました。初めての交通事故なのですが、自分の保険会社の担当の人を信頼出来ない状況の中、唯一私の安心できる味方となり適切なアドバイスと権利を教えてくださいました。有難うございます。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
質問に対する答えも明確でわかりやすく大変助かりました
他の事務所にお願いしていたのですが、頼りなく、アドバイス程度でほぼ自己判断で動いていたのですが、こちらに相談させて頂き、大変心強いお言葉を頂き、感謝しております。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
示談交渉だけでなく、最初から関わってくださるところにも心ひかれました
心身共に傷ついている時に優しく親身に話を聞いてくださり、本当に心強く感じました。示談交渉だけでなく、最初から関わってくださるところにも心ひかれました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
大変心強く思いました
「交通事故に強い弁護士をつけますので」と初めの電話対応で言っていただき大変心強く思いました。また、他の所と比べ、電話対応で迅速に対応して頂き本当に助かりました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
お客様の声をもっと見る

交通事故の示談交渉ならお任せください!まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します。

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも示談交渉に弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

交通事故の示談交渉に強い弁護士法人ALGの支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル5F

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ