弁護士法人ALGが交通事故に強い理由

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の累計相談件数:27,398件  ※H19年7月~H29年6月まで

交通事故の示談交渉・増額なら交通事故チームの弁護士へ無料相談
交通事故年間相談件数7,438件※2007年7月~2017年6月末までの実績 1日平均30件のご相談を頂いております。
医学博士弁護士在籍・安心の料金設定・交通事故が得意な弁護士が担当 交通事故に強い弁護士が在籍!

交通事故に強い弁護士をお探しの方は一度お電話ください

交通事故の被害者専門ダイヤル

フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応・24時間受付

メールで相談する
増額しない場合、報酬は頂きません!相談無料、着手金0円、弁護士費用は後払い

弁護士法人ALGが交通事故に強い理由

多様かつ豊富な経験ご相談数は年間7,000件以上
弁護士法人ALGでは、交通事故のみを取扱う交通事故チームを設置しており、年間7,000件以上※のご相談を頂いております。交通事故被害者の方一人ひとりに向き合い、迅速かつ慎重に対応させて頂きます。※2016年7月から2017年6月末までの1年間の実績詳しく見る
1経験
チームとして蓄積した知識・ノウハウがあります
チームとして交通事故の案件に専念することにより、弁護士同士が協力したり、知識やノウハウを共有したりする体制を整えております。これまで蓄積した経験を活かし、ご依頼者様にとって何が最善の方法なのか、幅広く模索しご提案していきます。詳しく見る
2知識専門性
医療事故チームとの連携で高度な医学論争にも対応
弁護士法人ALGでは、医療事故チームを結成し医療過誤問題に積極的に取り組んでおります。交通事故で高度な医学論争に発展した場合、医療事故チームと交通事故チームが手を組むことで、医療の専門的な分野においても最適な立証活動を行う事ができます。詳しく見る
3医学知識

交通事故のご相談数:年間7,000件以上。交通事故事件の経験が豊富です。

弁護士法人ALGでは、交通事故事件に特化した交通事故チームを結成し、交通事故にのみ専念できる環境を整え事件解決にあたっています。一般的に、弁護士は交通事故事件以外の事件も多く扱っており、必ずしも交通事故事件を取り扱い経験が豊富であるとは限りません。弁護士が交通事故事件に精通していない場合、適正な被害回復が実現できない恐れがあります。弁護士法人ALGでは、交通事故チームとして蓄積したノウハウを駆使し、交通事故被害者の被害回復に最大限に貢献できるよう、弁護士とスタッフが一丸となり対応させて頂きます。

弁護士法人ALG交通事故チームの実績

弁護士法人ALGでは、全国の皆様から毎日多くのご相談をいただいております。
物損事故から重度の後遺障害を残す事故、死亡事故まで多様かつ豊富な実績があります。

  • 年間相談件数:7438件
  • 1年の一日当たりの平均ご相談件数:30件
  • お客様アンケート:約96%

弁護士に依頼するべきかどうかお悩みの方も一度ご相談ください

ご相談は無料です!お気軽にお電話下さい
交通事故の被害者専門ダイヤル

フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応・24時間受付

メールで相談する
相談無料、着手金0円、弁護士費用後払い。ご相談時は受付スタッフが丁寧にご案内いたしますのでご安心ください

交通事故チームとして蓄積した経験と知識を活かします

年間解決件数1,000件以上の経験とノウハウを活かします

弁護士法人ALGの交通事故チームは、1年間で1,000件以上※の交通事故案件の解決に尽力しています。多くの事件を解決することによりチームとして知識とノウハウを蓄積することができ、スピーディーかつ質の高いリーガルサービスを提供することができます。※2016年1月~12月までの実績

1日30件のお問い合わせに対応する交通事故専門受付スタッフの知識・対応力

弁護士法人ALGは1日に約30件の交通事故に関するお問合わせを頂いております。受付スタッフは交通事故に関する十分な知識を備えており、ご相談者様のお悩みやご質問を解決するために必要な事情を的確に聴き取ることができます。ご相談者様が話しやすい雰囲気作りを心掛けていますので、お気軽にお問合せ下さい。

連絡が取りやすくスムーズな対応が可能です。

弁護士法人ALGの事務スタッフは、専門知識を身に着け、弁護士と共に事件解決に当たるリーガルスタッフです。
担当事務スタッフもご依頼者様の事件を把握していますので、弁護士が出廷などで不在のときでもスムーズに対応させて頂く事ができます。

弁護士同士で議論し、より幅広い視野で解決への糸口を探します。

弁護士法人ALGには多数の弁護士が所属しており、切磋琢磨して事件に当たっています。解決に役立った知識や情報を共有するほか、難しい事件については複数の弁護士で協議を行います。一人の弁護士の判断よりも、複数の弁護士が議論することで、多様な角度から事件を検討することができ、より良い解決の糸口をご提案することができます。

交通事故チーム×医療事故チーム 医学的知見で重度後遺障害事案にも強い

医学問題に強い医療事故チーム弁護士法人ALGでは、医療事故に特化した医療事故チームを結成し、医療過誤問題に積極的に取り組んでいます。重篤な後遺障害が争点となる交通事故事案において、交通事故チームと医療事故チームが協力することで高度な医学論争にも対応することができます。

医学的知見が功を奏した解決事例1

医療記録等に基づいた主張立証を行い、7,000万円を超える賠償金を獲得

賠償金額提示前のご依頼7,180万円

事故態様は、信号待ちをしていた時に追突されるという一般的な事故でした。ただ、ご依頼者様は、追突された際、車内で頭を打ち付けてしまい、急性硬膜下血腫の傷害を負ってしまいました。
その後、何とか一命をとりとめたものの、顕著な失語症や不安障害などの高次脳機能障害を発症し、別表第一第2級1号に認定される後遺障害を残すこととなりました。
当初は、相手方弁護士と訴外で示談交渉を行いましたが、ご依頼者様が事故当時80歳を超える高齢者であったことや、脳梗塞の既往などがあったことから、逸失利益や介護費、近親者慰謝料などの損害額で合意に至ることができず、またご依頼者様の症状は、本件事故によるものだけではないかとして素因減額の主張をされたことから、訴外で示談に至ることはできないと判断し、訴訟を提起しました。

裁判においては、各損害額及び素因減額が主な争点となりました。

介護費に関しては、入院時の記録や介護保険申請時の記録等を引用しながら付添の必要性や程度に関する主張を行った結果、入院時から退院後の自宅付添費、また症状固定後の将来介護費に関して、ほぼこちらの主張が認められました。

また近親者慰謝料についても、ご依頼者様の親族が仕事を辞めてご依頼者様の介護に専念したことなどを丁寧に立証した結果、請求通りの高額な認定を受けることが出来ました。

そして、肝心の素因減額についても、本件事故前に高次脳機能障害の症状がなかったことや、本件事故による脳の損傷の程度等を医療記録によって主張立証した結果、素因減額はしないとの裁判所の心証を得ることができ、そのまま和解に至ることが出来ました。

結果的には、この年齢の被害者の方としては高額の7000万円を超える賠償金を得ることができました。

もちろん、ご依頼者様が受けた損害がそれだけ大きかったということですが、相手方の反論を鵜呑みにせず、医療記録等に基づいた主張立証を行ったことが、よりよい結果につながった事案と考えています。

続きを読む

医学的知見が功を奏した解決事例2

医療記録を丁寧に分析し、医学的評価の争点で勝訴的和解

190万円1,500万円

ご依頼者様は、横断歩道により道路を横断中に自動車にぶつけられて転倒し、肩腱板断裂などの怪我を負いました。疼痛、肩関節の可動域制限などの後遺症が残り、自賠責において後遺障害10級10号が認定され、相手方保険会社と示談交渉を行いましたが、保険会社は自賠責による認定よりも低い後遺障害等級を主張し、約190万円という極めて低額な賠償金しか支払おうとしなかったため、訴訟を提起しました。
裁判においては、損傷の程度、症状の推移、治療経過等について、双方が診療録等の医療記録に基づいて主張・立証し合いました。
すなわち、相手方の主張も診療録等の医療記録に基づくものでしたが、より詳細に医療記録を検討することによって相手方の主張に反証しました。その結果、肩部の後遺障害について当方の主張どおり後遺障害10級とする和解が成立し、交渉時から1,300万円以上増額した1,500万円の賠償金を獲得することができました。
後遺障害申請前からサポートしてきたこと、医療記録を丁寧に分析したこと、医療記録上の医学的な記載に反証できたことが大幅増額につながった事案でした。

続きを読む

医学博士率いる医療事故チームの取り組み

週1回の医療判例勉強会の実施
医療事故チームに所属する弁護士は、所内で実施される解剖生理学試験に合格し、医療判例研究会、臨床医学の勉強会などの各種研修に参加することが義務づけられており、医療事件の専門性を常に強化しております。
弁護士が医学系大学院の博士課程に進学
医療事故チームに所属する弁護士は、より医学の知識を深めるために医学博士の学位を取得することも推奨しております。実際に医学博士の学位を取得した弁護士もおり、医療事故関連の実務に大いに役立てております。
850冊を超える医学文献を揃え効率的に対応
弁護士法人ALGの医療事故チームでは、弁護士が弁護に必要とする医学文献を都度購入しており、現在は850冊を超える医学文献があります。わざわざ図書館に行かずとも事務所にいながら文献を参照することができるため、業務の効率化・早期解決に繋がります。

交通事故でなぜ、医学知識が必要?動画

医学博士の学位を持つ弁護士が解説します

  • 交通事故の後遺症事案では、なぜ医学知識が求められる?
  • なぜ医療過誤訴訟にも精通している弁護士でないとダメなの?
  • 後遺障害事案を適切に処理できる弁護士の選び方は?等
「医学知識を持つ弁護士が強いワケ」ページへ

交通事故の被害に遭いお困りの方、弁護士が力になります。

ご相談は無料です!お気軽にお電話下さい
交通事故の被害者専門ダイヤル

フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応・24時間受付

メールで相談する
相談無料、着手金0円、弁護士費用後払い。ご相談時は受付スタッフが丁寧にご案内いたしますのでご安心ください

交通事故被害者の方のご負担を第一に考えた料金体系

増額交渉は相談・着手金0円、弁護士費用は後払い。※1弁護士報酬は増額分から※2の安心の料金設定。

弁護士法人ALGでは、ご依頼者様が依頼しやすく、納得できる料金体系を心がけています。
着手金0円、弁護士費用後払いのシステムを設けており、弁護士に依頼しやすい料金体系となっております。
また、相手方保険会社からすでに賠償額が提示されているケースでは増額した金額のみが弁護士費用算定の対象となるため、弁護士に依頼したメリットを実感することができ、ご満足につながっています。

  • ※1 ご相談のケースによっては例外もございます。
  • ※2 賠償額提示後のご依頼の場合
  • ※ 訴訟、後遺障害等級に関する認定申請、異議申立て等については、別途費用を頂戴いたします。詳しくはお問い合わせください。
  • ※ 弁護士特約利用により保険会社が弁護士費用を負担する場合は、別に定める料金体系となります。

弁護士法人ALGの弁護士費用

賠償金額提示前のご依頼なら、回収額の15%、賠償金額提示後のご依頼なら増額分の20%、もしくは18万円の高い方

ケース別料金例

賠償額が提示されるのご依頼の場合
回収額が100万円だったら…弁護士費用は18万円 (100万円の15%=15万円<18万円)
回収額が200万円だったら…弁護士費用は30万円 (200万円の15%=30万円>18万円)
賠償額が提示されたのご依頼の場合
増額金額が50万円だったら…弁護士費用は18万円 (50万円の20%=10万円<18万円)
増額金額が100万円だったら…弁護士費用は20万円 (100万円の20%=20万円>18万円)
弁護士法人ALGの弁護士費用について詳しく見る

弁護士費用が心配!というあなたへ

弁護士特約を使うには?

弁護士に依頼するか迷っている方へまずは無料相談をご利用ください

交通事故の被害者専門ダイヤル

フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応・24時間受付

相談無料・着手金0円、弁護士費用後払い メールで相談する

弁護士法人ALG 無料相談Q&A

そもそも、弁護士に相談した方がいいのか分からない。
まずは受付スタッフが対応させて頂き、ご相談者様の事情やお悩みを伺います。交通事故に関する専門的な知識を持ったスタッフですので、弁護士に相談した方が良いかどうか、相談のタイミングについてアドバイスすることができます。どうぞお気軽にお問い合わせください。
無料相談したら、依頼しなくてはいけない気がする…
無料相談をしたからといって、無理にご依頼を勧めるようなことは致しません。
弁護士に依頼するかどうかをご判断頂くための無料相談ですので、どうぞお気軽にご利用ください。
弁護士と話すのは敷居が高く感じる。
弁護士法人ALGの弁護士一同、ご相談者様がお話しやすいような雰囲気作りを第一に心がけておりますので、ご安心してご相談ください。まずは交通事故チームのスタッフが、お電話でご相談の内容をお伺いいたします。お話頂いた内容は弁護士に全て引き継ぐため、無料相談のお時間を有意義にお使いいただけます。
住んでいる場所から遠いのだけれど…
弁護士法人ALGは全国9箇所に事務所を構えており、北海道から沖縄まで、全国どこからでもご依頼を受け付けております。遠方などの理由でご来所が難しい場合は、お電話でも無料相談できますのでお気軽にご相談ください。

約96%の方が満足と回答されました。

満足度96%

※弁護士法人ALG&Associatesお客様アンケート2016年1年間の統計
※「満足(82.7%)」と「やや満足(13.3%)」を合わせた合計値

弁護士法人ALGにご相談頂いたお客様の声

実際に弁護士法人ALGにご相談頂いた方のアンケートを掲載しています。
※ホームページへの掲載の許可を頂いた方のみ掲載しております。

交通事故のご相談を頂いたお客様の声とても頼りになりそうな弁護士だと思いました。
前に違う弁護士に依頼していましたが頼り甲斐がなく解任をしていろいろと自分で弁護士を探していましたがALG&Assoiatesが一番説明が分かりやすく、先を見通したアドバイスも有りとても頼りになりそうな弁護士だと思いました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声不安な時期に相手方の保険会社が交渉に来るという状況
交通事故後、持病が悪化し手術。その後体に不安な時期に相手方の保険会社が交渉に来るという状況で困っていました。受付でも詳しく説明していただき、翌日に弁護士さんから電話があり、出来ること出来ないと思われることなど説明していただき安心して決めました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声デメリットもしっかり説明して下さったので、とても助かりました。
他の事務所の対応に不安があり、物損の示談が成立したタイミングで弁護士さんを変えたいと思っていました。初回の相談時に、とても頼りになる先生だと確信できました。良い点だけでなく、デメリットについてもしっかり説明して下さったので、とても助かりました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声対応が良く、話がしやすかったので、お願いできました。
2度、違う弁護士事務所に行きましたが、親身に話も聞いてくれず上からの言い方での扱いで、弁護士さんに不信感を持ちました。ダメもとでALGさんに電話してみた所、事務の方も弁護士の方もとても対応が良く、話がしやすかったので、お願いできました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声医学、医療に精通しておられ、信頼できる弁護士さんだと思いました。
医学、医療に精通しておられ、とてもわかりやすく説明していただき信頼出来る弁護士さんだと思いました。またとても熱心に対応していただき、感謝しております。ありがとうございました。
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
交通事故のご相談を頂いたお客様の声
お客様の声をもっと見る

交通事故解決事例

異議申し立てにより後遺障害等級が3級上がった事例

後遺障害等級
11
8
解決のポイント
認定された後遺障害等級に異議申し立て
医師の書いた診断書のみを頼りにするのではなく、追加で検査を依頼し8級が認定
詳しく見る

医療記録等に基づいた主張立証を行い、約7,000万円を超える賠償金を獲得

賠償金額
賠償金額提示前
からのご依頼
7,000万円以上
解決のポイント
後遺障害等級2級1号が認定された事案
既往症があり逸失利益や介護費、素因減額が争われ訴訟を提起した結果、こちらの主張が認められる
詳しく見る

4割とされていた過失割合を事故態様の再現等により無過失が認められた事例

過失割合(ご依頼者様)
4
無過失
解決のポイント
40:60の過失割合が、弁護士の立証により0:100に
相手方車両と同種の車両を用意して事故態様を再現し、車両の傷との整合性を確認
詳しく見る

高齢者の休業損害・逸失利益が認められ約618万円の増額に至った事例

賠償金額
334万円
952万円
解決のポイント
保険会社は非常に低額な休業損害と逸失利益を提示
弁護士の主張が受け入れられ、休業損害及び逸失利益が大幅に増額
詳しく見る

異議申立により後遺障害等級非該当から12級が認定された事例

後遺障害等級
非該当
1213
解決のポイント
異議申立も認められなかった被害者の方からのご相談
労災において同様の症状で認定されている事案を調査し調査結果を用いて主張
詳しく見る

実質1ヶ月程度の交渉で400万円以上増額した事例

賠償金額
215万円
650万円
解決のポイント
後遺障害等級11級が認定された事案
相手方保険会社の主張を想定し反論を準備する事で1ヶ月程度の交渉で400万円以上増額し示談
詳しく見る
解決事例をもっと見る

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25
イーストゲート大宮ビルB館4階

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ