事業所得者の休業損害が問題となった事例 | 交通事故の無料相談は弁護士法人ALGへ

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の累計相談件数:23,209件  ※H19年7月~H28年12月まで

解決事例:事業所得者の休業損害が問題となった事例

事業所得者の休業損害が問題となった事例

解決事例
争点:
休業損害
対応事務所:
東京本部

事案の概要

事業所得者のご依頼者様が交通事故に遭ったというもので、事故の態様や過失割合等は問題となりませんでした。

しかし、事故による怪我の影響で、事故前と同じように仕事ができなくなり、収入が途絶えたにもかかわらず、損害を証明するための確定申告書の控えが提出できず、休業損害の支払いを拒まれた事案。

弁護士法人ALG東京本部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事業所得者の休業損害を請求するためには、休業が必要であったことのほかに、事故当時の収入を証明しなければなりません。

事故当時の収入を証明するためには、通常、事故前年の確定申告書の控えを用いることになります。

確定申告書の控えがない場合、収入関係を証明する信頼できる証拠が不足していることから、休業損害の支払いを受けることが非常に困難となります。

この事案では、報酬として実際に得た金銭の動きを証明する資料として預金通帳の写しを提出したり、毎月かかる費用から、一定額の収入を得ていたことが明らかであること等を説明することで、一定額の休業損害の支払いを受けることができました。

確定申告を適切に行わなかった人が休業損害を請求する場合、損害の全てについて賠償を受けることは難しいと言わざるを得ません。

しかし、その場合でも、交渉によって一定額の賠償を受けられることもありますので、交渉してみる価値はあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル5F

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ