裁判例・「症状固定後に死亡した被害者」 | 交通事故の無料相談は弁護士法人ALGへ

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

裁判例:【最高裁平成8年4月25日判決 民集50巻5号1221頁】

裁判例 【最高裁平成8年4月25日判決 民集50巻5号1221頁】

No.7

後遺障害の症状固定後に死亡した被害者について、症状固定日から67歳までの逸失利益を肯定した例

【事案の概要】

国道を走行中の加害車両(大型貨物自動車)が、凍結したカーブを時速60キロメートルで走行中、そのカーブを曲がり切れずに対向車線に飛び出し、対向車線を走行してきた被害車両(普通貨物自動車)に衝突しました。

そして、被害車両に同乗していたXが、脳挫傷、頭蓋骨骨折、肋骨骨折等の傷害を負い、精神・知能の傷害、左腓骨神経麻痺等の障害が残りました。

Xは、症状固定日後も上記事故以前のような就労が可能な状態ではなかったため、リハビリを兼ねて自宅付近の海へ行って貝を取る生活をしていたところ、症状固定日の6日後に海中で心臓麻痺を起こして死亡しました。

【判決のポイント】

本判決は、「交通事故の被害者が事故に起因する傷害のために身体的機能の一部を喪失し、労働能力の一部を喪失した場合において、いわゆる逸失利益の算定に当たっては、その後に被害者が死亡しても、右交通事故の時点で、その死亡の原因となる具体的事由が存在し、近い将来における死亡が客観的に予測されていたなどの特段の事情がない限り、死亡の事実は就労可能期間の認定上考慮すべきものではないと解するのが相当である。」と判示していますが、その根拠として、「労働能力の一部喪失による損害は、交通事故の時に一定の内容のものとして発生しているのであるから、交通事故の後に生じた事情によってその内容に消長を来すものではなく、その逸失利益の額は、交通事故当時における被害者の年齢、職業、健康状態などの個別的要素と平均稼働年数、平均余命等に関する統計資料化等から導かれる就労可能期間に基づいて算定するべきものであって、交通事故の後に被害者が死亡したことは、前記特段の事情のない限り、就労可能期間の認定にあたって考慮すべきものとはいえないからである。」と判示しました。

また、「交通事故の被害者が事故後にたまたま別の原因で死亡したことにより、賠償義務を負担する者がその義務の一部または全部を免れ、他方被害者ないしその遺族が事故により生じた損害の填補を受けることが出来なくなるというのでは、衡平の理念に反することになる。」とも判示しています。

この事案では、不法行為により負傷した被害者がその後死亡していますが、加害者の責任は被害者の死亡による責任にまで及ばない(交通事故と被害者の死亡との相当因果関係がない)とされているので、加害者は、被害者の負傷による損害について損害賠償責任を負うこととなります。この被害者の負傷による損害に関して、後遺障害による逸失利益(後遺障害がなければ得られていたであろう収入等の利益)をどのように算定するかが問題となりました。

すなわち、被害者が死亡している以上、賠償されるべき逸失利益は死亡時までの分に限られるのか、それとも死亡の事実を考慮せずに就労可能期間を認定して逸失利益を算定すべきなのか、という問題です。

この問題に関して、最高裁は、損害が交通事故のときに既に発生していると捉えており、後発的な事情(本件でいうと、交通事故と無関係な被害者の心臓麻痺による死亡)は、基本的に被害者の受けた損害に影響しないことということになります。

さらに、交通事故の加害者がたまたま被害者が別の原因で死亡したことで賠償責任の一部を免れることは衡平に反するとしています。

加害者からすれば、事故とは無関係に被害者が死亡した場合でも、死亡後の分まで逸失利益を支払うことについて躊躇を覚えるのはたしかであり、本判決のような判断をすることが常に「衡平」の理念に沿うかどうかは考える余地があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25
イーストゲート大宮ビルB館4階

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ