交通事故の過失割合Q&A:優先道路を横切る際のサンキュー事故の場合

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の過失割合Q&A:優先道路を横切る際のサンキュー事故の場合

優先道路を横切る際のサンキュー事故の過失割合

Question

細い道路と優先道路(片側3車線)の交差する道路にて、私は細い道路から、優先道路を横切る形で直進するにあたって、交差点の前で一時停止していました。
すると、手前側の車線を走行していた車が停車の上、私に進行するよう手で合図を出してくれました。

これを信頼して車を発進させたところ、中央車線を直進してきた車と衝突しました。合図を鵜呑みにした私が悪いのはわかっていますが、相手方にも過失はないのでしょうか。

Answer

優先道路との交差点における、優先車と劣後車の事故における基本過失割合は、優先車10、劣後車90です。

優先道路を走行する車両は、左右の見通しがきかない交差点においても、徐行義務はありません(道交法42条1号括弧書き)。

もっとも、交差点への進入・通行時につき、交差道路通行車等に注意し、かつ安全な速度と方法で進行すべき義務はあるのです(道交法36条4項)。

優先車側にも基本過失割合10とされているのは、このような理由によるものと考えられます。したがって、その他の劣後車の過失を加算修正するような事情がなければ、優先道路直進車にも一定程度過失が認定されるでしょう。

なお、いわゆるサンキュー事故であることは、過失割合の修正要素として取り扱われているわけではありません。
もっとも、劣後車が優先道路上に先入していたことが明らかな場合、優先道路直進車の過失を加算する事情となります。優先道路直進車としても、劣後車が横断しようとしていることを事前に把握可能な状況にあれば、予め回避措置を講ずることが可能となるからです。

設問の場合でも、停車してくれた車両前方で再び一時停止したというような事情があれば、さらに、相手方の過失の加算修正を求めて争う余地もありうるでしょう。

■過失割合についての実務上ポイントコーナー■

設問に関連して、優先道路と狭路の交差点におけるサンキュー事故の裁判例を紹介します。

(優先車)は、…南北道路の追越車線を時速約50kmの速度で北進中、本件交差点に差しかかったが、同交差点の手前約20mの地点で同交差点よりさらに約50km北方にある交差点の信号が赤色を表示していたことなどに気をとられ、自車線上の路面に「開口部注意」と表記され、かつ、本件交差点に大型ミラーが設置されていることに気付かないまま、何ら減速せず同交差点に進入した…

(劣後車)には、本件交差点は、見通しが悪く、同交差点に西詰には、一時停止線が引かれ…南北道路の車線間の分離線が同交差点中央部を貫通しており、東西道路に対し南北道路が優先道路であった…同交差点に進入するに当たり、南北道路を走行する車両の有無・動静を十分に確認の上、同道路を走行する車両の通行を妨げてはならない義務があるのに、同道路走行車線に停止中の運転者が同交差点を通過するよう手で合図をしたことに気を許し、南北道路の安全を十分確認しないまま同交差点に進入した過失がある…

道路が優先関係にある以上、(劣後車)の過失がより大きいというべきであるが、安全確認を全く怠り、減速もせず、本件交差点に先入していた(劣後車)を至近距離に至るまで気付かず、同交差点に進入した(優先車)の過失も著しいものがあり、その過失割合は、(劣後車)が7割、(優先車)が3割と認めるのが相当である。」

大阪地裁平成7.2.16判決要旨

上記裁判例では、優先道路側に注意喚起の表記があったにもかかわらず、何ら減速しなかったこと、劣後車が交差点内に先入していたこと等から、過失割合を修正しています。

なお、優先道路とは、道路標識により指定されたもの及び、当該交差点において当該道路の車両通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路を言います(道交法36条2項括弧書き)。

したがって、優先道路と一口に言っても、道路幅にそれほど差がないような場合もあれば、幹線道路もあり、過失割合の評価の際、同列と考えることができない場合もあります。

その一例として、裁判例を挙げておきます。

本件道路は、歩車道の区別及び路側帯はなく、その幅員も約6.6mと狭い上、被害車道路と、ほとんど幅員は変わらず、逆に、交差点入り口付近では被害車道路の方が幅員が広くなっている。しかも右方は田畑であるが、左方には民家が建ち、かつ、その塀で、左方の見通しが極めて悪い状況であり、事故発生の危険が大きく、制限速度も、法定の60km毎時の半分の30km毎時に制限されているのである。本件道路が優先道路であるため、被告には、法律上、徐行義務こそ科せられてはいないものの、この様な本件道路及び本件交差点の状況に鑑みると、被告は、制限速度を遵守し、かつ、前方注視を厳にし、左右の進路からの進入車両の有無に最善の注意が必要とされると認められる。しかも、車両が左方から進行してくる気配のうかがわれる場合には、優先道路を進行していた車両といえども、危険を察知し、進んで臨機の措置に出て結果を回避すべき義務を負う

東京地裁平成7.12.6判決要旨

この裁判例では、劣後車が直前に一時停止をしていなかったとは認めがたいこと、優先車が10km以上の速度超過をしていたことなどを認定した上で、過失割合を劣後車50、優先車50と判断しています。

これは、一時停止規制のある非優先道路との交差点の事故で、停止義務車が一時停止を行った場合における基本過失割合40:60を準用したものと理解できます。

このように、実務では個別具体的事情を実質的に判断した上で過失割合が決定されているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25
イーストゲート大宮ビルB館4階

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ