交通事故の過失割合Q&A:見通しの悪い交差点で右方道路から直進の二輪車と衝突した

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の累計相談件数:23,209件  ※H19年7月~H28年12月まで

交通事故の過失割合Q&A:見通しの悪い交差点で右方道路から直進の二輪車と衝突した

見通しの悪い交差点で右方道路から直進の二輪車と衝突した場合の過失割合

Question

幅員が同程度で見通しの悪い交差点を、四輪自動車にて直進走行中、右方道路を直進してきた二輪車と衝突しました。

保険会社からは、50:50の過失割合だと言われていますが、左方車が優先ではないのでしょうか。

Answer

幅員が同程度で見通しの悪い交差点における右方車と左方車の事故で、両者とも同速度の場合、基本過失割合は、両者とも四輪自動車の場合で、右方車60、左方車40とされています。

これは、信号等による交通整理がされておらず、同幅員で優先道路や一時停止等による規制もない交差点の場合、交差道路間の優先関係は原則左方優先とされているため、右方車側の過失が重くなっているのです(道交法36条1項1号)。

他方で、同一態様の事故でも、右方車が二輪車、左方車が四輪自動車の場合、基本過失割合は、50:50とされており、二輪車との関係では、四輪自動車の注意義務を厳しく判断する傾向にあります。

左方車の右方車に対する優先関係は過失割合の算定につき、決定的と言えるほど強い優先関係ではありません。

幅員が同程度で見通しの悪い交差点における、右方二輪車と左方四輪自動車の事故で二輪車のみ減速の場合、基本過失割合は二輪車35、四輪自動車65とされており、反対に四輪自動車のみ減速の場合、二輪車60、四輪自動車40とされています。

これは、「左右の見通しがきかない交差点」への進入時には、双方に徐行義務(道交法42条1号)があり、また、交差点への進入・通行時には「できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない」との注意義務(道交法36条4項)があることが、実務上重視されているためでしょう(参考裁判例、京都地裁H6.3.31判決)。

なお、この基本過失割合は、見通しがきかないことを前提としており、見通しのよい道路であったことは、右方車側の過失を過重する修正要素とされています(別冊判例タイムズNo.38、民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準、318頁参照)。

■過失割合についての実務上ポイントコーナー■

信号機による交通整理が行われていない交差点の事故は、道路の幅員が同程度の場合、広路と狭路の交差道路の場合、優先道路と非優先道路の場合、一方に一時停止線のある道路の場合等に分類されており、それぞれ基本過失割合等が異なっています。

優先関係の明らかな優先道路の場合を除き、減速の有無(一時停止規制のある場合、一時停止の有無も含む)は、基本過失割合に大きく影響する要素とされています。

この点につき、裁判例(信号機による交通整理が行われておらず、道路の幅員が同程度で見通しのよくない道路における、右方二輪車、左方四輪自動車の事案)を紹介しておきます。

現場付近は車両などの通行も少ない場所…被告進行道路の幅員が明らかに広いとはいえず、また、見とおしのきかない交差点であるから、被告車がいわゆる広路車であったとしても道交法42条1号の徐行義務が全く免除されることはない。

本件の場合、形の上では被告が左方優先(36条1項1号)とみられるけれども、これを大きく考慮できず、むしろ同法36条4項の「できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。」とする特別安全注意義務違反が存するかどうかを判断して双方の過失を定めるべきである。

京都地裁H6.3.31判決要旨

この裁判例では、上記の他、双方ともに徐行せず、交差点に進入したこと、四輪自動車の速度のほうがやや速かったこと等も考慮の上、双方の過失をそれぞれ50%と認定しています。

このように、実務では個別具体的事情を総合考慮の上、過失割合が認定されています。

上記裁判例の指摘する、交差点への進入・通行時に「できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない」という特別の注意義務(道交法36条4項)についても、具体的な道路状況等を総合考慮することになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル5F

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ