交通事故の過失割合Q&A:転回二輪車とスイッチターン四輪自動車の交通事故

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の過失割合Q&A:転回二輪車とスイッチターン四輪自動車の交通事故

転回二輪車とスイッチターン四輪自動車の交通事故の過失割合

Question

夜間の片側一車線道路にて、二輪車を運転中、道が間違っていることに気づいたため、Uターンをしたところ、その完了直前(車体が左ななめを向いている状態)の時点で、右手丁字路に頭を突っ込んでスイッチターン後直進しようとしてきたトラックとぶつかりました。

丁字路はかなり細い道で、トラックはスモールライトしかつけていませんでした。

お互い転回車同士の事故のため、過失割合もよくわからないのですが、どちらの過失が重いと考えられるのでしょうか。

Answer

転回車の事故については、転回中か、転回終了直後かによって基本過失割合が異なるものの、直進車との関係では転回車側の過失が重く認定される傾向にあります。

これは転回について、他の車両等の正常な交通を妨害するおそれのあるときは転回してはならない(道交法25の2第1項)と規定されているからでしょう。

転回の終了時は、転回前と完全に逆を向いているか、それに近い状態を意味するものとされていますが、設問の場合は微妙なケースであり、直進車相手の場合の基本過失割合としては、二輪車60~70、四輪車30~40となると考えることができます。

もっとも設問は、二輪車が転回中、トラックがスイッチターン中の事故です。

スイッチターンは、転回を目的としていますが、その動作は停止、後退、右折、というように分類することが可能であり、当該事故状況に応じて、後退や路外進入車等の基準を参考にすることになります(別冊判例タイムズNo.38、民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準、375頁参照)。

設問のトラックの場合、①狭路に進入の上一旦停止、②狭路の出口方向に後退左折、③直進といった動作に分類することができます。設問は③段階の事故にあたるでしょう。

設問に類似した事案の裁判例では、転回二輪車30、スイッチターントラック70の過失割合が認定されています(大阪地裁H8.1.29判決)。

この裁判例では、トラックが前照灯を点灯していなかったこと、並びにスイッチターンをし、前方を注視せず、発進した直後の事故であることのいずれも著しい過失ないし重過失にあたる旨判示されています。

転回動作の一部として行われたものである以上、トラックの側も直進を開始するにあたり、特に前方等を注視して発進すべき義務があるというべきでしょう。

■過失割合についての実務上ポイントコーナー■

基本過失割合は、これまでの裁判例の集積の結果を反映したものであることから、非典型的な事故態様そのものに対する基本過失割合を直接見ることはできません。

そのような場合、まずは類似の事故態様における基本過失割合をそれぞれ参考にすることになります。

本設問は、双方転回中の事故という側面から見ると、非典型的な事故類型と言える事案ですが、衝突時のトラックの動作自体は直進であるため典型的な事故類型を参考にすることができます。

この点に対し、前記裁判例は以下のように判示しています。

(二輪車)はUターン終了直前に衝突されたものであること、(トラック)は辺りが暗いのに前照灯を点灯していなかったこと、スイッチターンをし、前方を注視せず、発進した直後の事故で、いずれも著しい過失ないし重過失といえるものである。

大阪地裁H8.1.29判決要旨

上記裁判例では、事案の特質を実質的に評価し、トラックがスイッチターン後の発進直後に衝突した点を含めて、前方注視義務の程度やその違反度合いを考察し過失割合を認定したものと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25
イーストゲート大宮ビルB館4階

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ