交通事故に強い弁護士 | 交通事故チームが賠償金を増額交渉します!

経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応します!

フリーダイヤル0120-572-238
年中無休・24時間受付・全国対応
メール相談

交通事故の累計相談件数:27,398件  ※H19年7月~H29年6月まで

弁護士紹介 - 交通事故に強い弁護士 -

交通事故に強い弁護士

弁護士法人ALGでは、交通事故の専門性を高めるべく、交通事故事件に特化した弁護士とスタッフがチームとなって対応しています。交通事故に特化することにより、経験が蓄積され、スピーディーかつ質の高いリーガルサービスを提供することが可能となります。

日々交通事故事件に取り組む、交通事故に強い弁護士をご紹介します。

交通事故に強い弁護士 大阪支部 長田弘樹
大阪支部所属

大阪支部長 弁護士

長田 弘樹Hiroki Nagata

加害者側の代理人としての経験を活かし、あらゆる展開を想定して示談交渉を進めます。

私が最初に勤務していた法律事務所は、保険会社と顧問契約を結び、加害者側の代理人として交通事故の案件を多く抱えているところでした。その事務所では、交通事故の一通りの事件処理を経験しました。そこでは、当然保険会社の支払いをできる限り小さくするため、あらゆる法的主張を検討して被害者側の主張を争うという立場でした。そこでは多くの論点における主張の仕方や和解の落としどころなど、多くのことを学ばせていただきましたが、被害者に相対するという立場でおおきなやりがいを感じるということはあまりありませんでした。
その後、弁護士法人ALGに移籍し、今度は交通事故の被害者側で代理人を務めることになり、これまで学び経験した交通事故案件のノウハウを十二分に活かすことができ、なおかつご依頼者様から非常に感謝していただけることに、今は大きなやりがいを感じています。

交通事故に遭われた方は皆さん口をそろえて、「お金のことはいいから、交通事故に遭う前の健康な身体を返してほしい。」とおっしゃいます。このようなお気持ちは本心からの切なる願いではありますが、我々弁護士はその点で力になることはできません。我々弁護士にできることは、あくまで適正かつできる限り高い損害額を相手方から支払ってもらえるように交渉や訴訟を進めていくことに他なりません。
また、交通事故の被害者の方は、辛い治療を続けながら、相手方との交渉に神経をすり減らした挙句、治療費を一方的に打ち切られたり低額な損害額で示談を迫られたりすることも少なくありません。そのようないわば二重の被害をできる限り軽減することも、弁護士の仕事だと考えています。

弁護士同士で意見を出し合い、よりよい方法を模索していきます

弁護士法人ALGでは、交通事故を専門とする弁護士が多数在籍し、数多くの経験や実績を積み重ねております。各弁護士がそれぞれ経験や実績がありますが、それに加えて弁護士間で知識や経験の共有の風土がありますので、類似案件でうまくいった手法を教え合って補い合う体制をとっています。
また、1人では見過ごしてしまうようなポイント等も、複数の弁護士の視点から様々な意見を交わしあいながらよりよい方法を模索していくという関係もあります。
弁護士法人ALGでは、交通事故の被害に遭われた方々のお力になれるよう、全力を尽くしてまいります。

交通事故に強い弁護士 名古屋支部 谷川 聖治
名古屋支部所属

名古屋支部長 弁護士

谷川 聖治Seiji Tanigawa

金銭の獲得だけではなく、身体的・精神的苦痛を少しでも和らげることができるように心がけています。

弁護士は、治療期間を延ばす、休業損害を獲得する、慰謝料を増額する、後遺障害診断書作成のお手伝いをする等、被害者のために全力を尽くしますが、表面上できることは金銭を獲得することにすぎません。獲得できる金銭の増額は当然の業務ですが、それよりも被害者の身体的・精神的苦痛を少しでも和らげることができるように心がけています。

弁護士法人ALG&Associatesでは、弁護士とスタッフが一丸となって事件の解決に尽力しています。
交通事故事件は、保険会社に対し金銭を請求する前に、資料の収集・整理や事前の調査など、細かい作業が多くあります。弁護士は弁護士がすべき仕事に集中するため、スタッフには事前の資料収集等を適切かつ十分に行ってもらう必要があります。当事務所のスタッフはとても優秀でいつも感謝しています。
また、最近はテレビ番組で弁護士が出演していることも多く、弁護士それぞれに見解があり、弁護士同士でも見通しが異なることをご存知の方も多いと思います。とても多くのご依頼がありますが、一つとして同じ事件はなく、社内の弁護士内で、常に議論や相談等の協議が行われています。弁護士同士の連帯感が強く、難しい事件については、担当弁護士以外も事件の内容や問題点を共有しています。

交通事故に強い弁護士 宇都宮支部 山本 祐輔
宇都宮支部所属

宇都宮支部長 弁護士

山本 祐輔Yusuke Yamamoto

専門家を用いることで負担を取り除くお手伝いができるかと思います。

ご依頼者様とは時折状況を尋ねるなど連絡を取ったり、連絡を頂ければ極力対応したりするなど、メンタル的な部分でご依頼者様が余計な負担を抱えないように心がけています。
また、弁護士法人ALGでは弁護士だけではなくスタッフも経験がとても豊富ですので、的確なサポートをしてくれ、そのおかげで弁護士としてするべきことに集中することができます。
弁護士と経験のあるスタッフが連携することにより、良質な事件処理に繋がると思っております。

交通事故に遭われた方は、物の修理やけがの治療など、不安の中で慣れない事ばかりで大変な思いをされていることと思います。
そのような状況の中、賠償請求まで一人で行うこととなると、手が回らずパンクすることにもなりかねません。
交通事故の被害に遭い大変な思いをされている方は、専門家を用いることで負担を取り除くお手伝いができるかと思います。是非、弁護士法人ALG&Associatesまで一度ご相談ください。

交通事故に強い弁護士 名古屋支部 井本 敬善
名古屋支部所属

名古屋支部長代理 弁護士

井本 敬善Takayoshi Imoto

交通事故に遭い、示談交渉の代行は精神的負担を減らすと身をもって知りました。

私は、運転免許を取得して間もない10代のころに、交差点で出会い頭の交通事故を起こしてしまったことがありました。幸い軽微な事故で私には怪我がなく、相手方も軽傷ですんだ事故でしたが、事故を起こしたことで、非常に重い気分になった覚えがあります。
その際、交通事故の示談交渉は、保険会社の担当者が示談代行をしてくれ、私はほとんど示談に関して頭を悩ませる必要がありませんでした。
被害者の方に代わり示談交渉や訴訟追行をすることは、被害者の方の精神的負担を減らすということを身をもって知ったことが、私が交通事故の処理をやりたいと思うきっかけとなっています。

私の所属する名古屋支部には5名の弁護士が在籍しており、各自が担当案件をもって事件処理にあたっていますが、事件の処理について、複数の弁護士で活発な協議を行って最善の解決を図るという体制をとっています。また、支部内で協議しても結論に悩む案件については、他の支部の弁護士とも積極的に協議を行っています。
このように弁護士同士で協力をするのは、一人で検討するよりも複数で検討した方が議論を尽くすことにより、より良い解決策を見いだせることや、他の弁護士の経験を共有することでより良い解決を見いだせるというメリットがあるからです。
交通事故の被害に遭いお困りの方は、是非弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい。

交通事故に強い弁護士 横浜支部 豊田 進士
横浜支部所属

横浜支部長 弁護士

豊田 進士Shinshi Toyoda

交通事故案件はご相談される時期が早ければ早いほど、通院状況や各種損害賠償の手続について対応を取りやすくなります。

交通事故は、得てして突然起こるものです。突然起こるものであるが故に、事前の対策も満足に行うことができず、加害者・保険会社の対応や、損害賠償の進め方等について、不満や戸惑いを感じられる方も少なくないように思います。交通事故によって受けた怪我や病気等の損害に苦しみながら、保険会社との対応や交通事故特有の手続を同時並行的に進めていくのは、相当に大変なことです。
こうした交通事故案件の特殊性から、不幸にして交通事故の被害に遭われた方は、なるべく早い段階から、交通事故案件について十分な経験を有する弁護士にご相談頂くことをお勧め致します。
ご相談される時期が早ければ早いほど、通院状況や各種損害賠償の手続について対応を取りやすくなるからです。また、十分な経験を有する弁護士がサポートすることで、今後起こりうる問題点を的確に予想し、適正な賠償を得るための対策を練ることができます。

その点、弁護士法人ALGで交通事故に携わる弁護士は、常時、交通事故に関する新規相談をお受けしているだけでなく、保険会社を相手とする損害賠償の示談交渉事件、交通事故紛争処理センターへの申立事件、訴訟事件等の解決に日々当たっており、いわば交通事故案件のエキスパートです。
エキスパートと言っても、「一見さんお断り」といったような制限は特にありません。これまで培ってきた経験に基づき、最良の結果が得られるようバックアップ致しますので、気兼ねなく弁護士法人ALGにご相談下さい。

交通事故に強い弁護士 名古屋支部 今西 眞
福岡支部所属

福岡支部長 弁護士

今西 眞Makoto Imanishi

交通事故を定型な事案に当てはめて処理するのではなく、1つ1つの事件に向き合いあらゆる可能性を考えて取り組みます。

ご依頼者様とお話する際は、法的な結論を押し付けず、まず、実際に不便に感じていること、生の事実を伺いわかりやすくご説明することを心がけています。弁護士が法的知識について専門用語を使って話すことは簡単です。私は、なるべく身近な例えを使ってご説明するようにしています。また、時には厳しいことをお伝えしないといけないこともあります。このような時には、「前を向いて頑張って行こう!」と思っていただけるように励ますようにしています。

事件の対応については、弁護士1人が処理できる事件数には限界がありますので、常に、弁護士同士で相談して事件処理を進めるようにしています。
弁護士同士で相談していると、「法的には難しいが、裁判所から現実的な和解案が提示されたことがある。」など、裁判例には載らない和解内容を知ることができます。裁判の多くが和解で解決されていますので、和解の見通しがたてられるかどうかは、裁判を起こすか否かの判断に重要です。
また、正直、リスクを考え弱気になったり、反対に強気になりすぎたりすることがありますが、弁護士同士が相談して進めていると、常に冷静な判断が出来ているように思います。

弁護士は裁判例や書籍を参考に方針を決めています。弁護士が全ての案件を経験することは不可能ですので、裁判例、書籍を分析することは弁護士として当然です。しかし、どうしても裁判例などにあてはめようとしてしまい具体的な事情を見逃してしまいがちです。まずは、自分が弁護士になる前だったらどう考えるかからイメージします。次に、何とか法的に構成できないか理屈を考え、最後に、考えた理屈を認めた裁判例などがないか、理屈を支えることが書いてある書籍がないかといった理屈の裏付けを探すようにしています。

最近では、裁判例をまとめた実務本も多く出版されており、これを見れば交通事故事件は処理が可能です。多くの弁護士が交通事故を処理できることは非常に良いことだと思いますし、交通事故を定型な事案に当てはめて処理すれば早期に解決できます。誤解を恐れずに言えば、弁護士であればある程度同じ結論を導くことが出来るとさえいえますが、こういった定型事故ではない事案に取り組める弁護士こそ、交通事故に強い弁護士と言えるでしょう。

交通事故に強い弁護士 埼玉支部 那賀島 八起
埼玉支部所属

埼玉支部長 弁護士

那賀島 八起Yaoki Nakajima

交通事故という不幸に巻き込まれて困っている被害者の方やご家族の方の力になりたい。

最近担当した案件で、印象に残っている案件があります。被害者が交通事故のために脳に障害を負ってしまった事案です。家族は被害者の介護のために生活を変えなければならず、被害者は些細なことで怒るようになるなど性格も変わってしまい、まさに交通事故が家族の生活を一変してしまいました。
この事案では、過失割合が強く争われたのですが、被害者は事故時の衝撃により、事故の状況を全く覚えていませんでした。加害者の証言のみを前提とすると、過失割合で不利になる可能性があったため、当方で刑事事件記録を取り寄せ、現地調査をしました。その結果、事故直後に被害者の知り合いが被害者の救助をしていたことがわかり、その知り合いの方に裁判に協力してもらい有利な形で進めることができ、結局当方の主張が認められる形で、相当額の金銭の支払いを受けることで和解が成立しました。
この事件では、交通事故の事故態様について争いになった際、有利な形で立証活動をするには相当な困難が生じることを痛感しました。また、交通事故が被害者のみならず家族に深刻な影響を及ぼすことをあらためて実感た事件でもありました。

私自身は交通事故にあったことはないのですが、幼少期に私の目の前で兄が交通事故にあいました。道路を横断したところトラックにはねられたのです。幸い命に別状はありませんでしたが、家族は大変に心配し、家庭がばたばたする様を目の当たりにしてきました。
入院中の身の回りの世話、治療の経過を見守ること、後遺症が残ることへの恐怖、当面の金銭的な負担など、交通事故にあってしまったとたん被害者や被害者がやるべきことは多くなり、その負担も大きくなります。
交通事故はどんなに気を付けていても、ある日突然被害者になってしまうことがあり得ます。そのような不幸に巻き込まれた人に寄り添い、少しでも安心してもらえるように助言をしたり、手続をすることが「社会正義を実現する」という弁護士としての役割に沿うものと考えています。「交通事故という不幸が一定以上起きてしまう以上、不幸に巻き込まれて困っている人の力になりたい」というのが素直な気持ちですね。

ご依頼者様にとって納得いく解決を得られるよう、密なコミュニケーションをとるようにしています。

ご依頼いただいた後は、ご依頼者様の意向を十分に実現するためにコミュニケーションを密にとることを心掛けています。ご依頼者様は交通事故という不幸に巻き込まれてマイナスの状態になっています。ご依頼者様の意向をくみ取って、マイナスの状態を少しでもプラスの状態に持っていくことが大切だと思います。そのためには、案件の局面ごとにご依頼者様と協議を重ねることが重要です。
たとえば、初期の段階で最も大切なことは、被害者の方が十分な治療を受けられることだと思います。そのため、保険会社が治療費の打ち切り等を伝えてきたとしても、ご依頼者様が十分な治療を受けられたか否かを客観的な資料等から確認しますし、ご依頼者様とも協議を重ねます。まだ治療が必要であれば、健康保険等を利用して治療を続けるべきという方針で臨みます。
また、治療を受けられた後の段階でも、ご依頼者様の意向を積極的に組むことを心掛けています。たとえば、事故態様に争いがあり、時間がかかってもいいから過失割合について争いたいという方と、時間をかけずに早期の解決を図りたいという方では、とるべきアプローチがまったく異なってきます。
ご依頼者様にとって納得のいく解決を得られることが大切だと思いますので、密なコミュニケーションをとり、正確に現状を理解してもらったうえで、ご依頼者様と二人三脚で解決するようなイメージで進めていきます。

交通事故に強い弁護士 姫路支部 西谷 剛
姫路支部所属

姫路支部長 弁護士

西谷 剛Tsuyoshi Nishitani

交通事故の被害者の方のご心配や疑問点に直ちに対応します。

交通事故の法律相談には様々な専門用語が出てきますが、その言葉の意味がわからなければご依頼者様にとって納得のいく結果を得ることはできません。そのため、弁護士法人ALGでは、専門用語をかみ砕いて説明し、法律に精通しておられないご依頼者様でもわかりやく説明させていただくことを心掛けています。
また、当事務所では弁護士と事務職員が一体となって事件解決に向けて取り組んでおり、事件の情報共有はもちろんのこと、分からないことがあればすぐに弁護士に相談できる環境にあるため、事件処理がスムーズに行われます。
終業後に弁護士と事務職員とで一緒にご飯に行くなど、弁護士と事務職員とのコミュニケーションがよく取れており、信頼関係も十分に築けています。

弁護士法人ALGでは、交通事故に特化した多数の弁護士と専属の事務がつくことで、被害者の方のご心配や疑問点に直ちに対応します。また、医療専門部と密接に連携した「交通事故専門部」体制を敷いており、法律・医学に通じた体制を整えています。
また、月間相談件数600件以上の圧倒的な実績があり、このような豊富な取扱い実績に基づいた質の高いリーガルサービスを提供します。このように我々は、弁護士の数も多く、豊富な取扱い事例をもとに対応しますので、安心してご依頼下さい。

交通事故に強い弁護士 東京本部 日向 祥子
東京本部所属

事業部長弁護士

日向 祥子Shoko Hinata

保険実務の知識にも精通することで、交通事故に遭われた方の最大限の被害回復が実現できるよう努めています。

ご依頼者様には、事件の見通しや流れをわかりやすく説明するように心がけています。
ご依頼者様にとっては、弁護士に依頼した後、どのような解決が想定されるのか、解決までにどのくらい時間がかかるのかなどが気にかかると思います。
そのため、可能なかぎり事件の見通しや流れをご説明するようにしています。また、その際、専門用語を一般的な言葉に置き換えるなどして、わかりやすく説明するように心がけています。

また、ご依頼者様が最大限の被害回復ができるように注意深く事件に取り組んでいます。
交通事故の損害賠償請求は、自賠責保険をはじめとする保険制度と共存しています。そのため、必ずしも裁判によることが最大限の被害回復につながるとは限りません。
法律知識だけでなく、保険実務の知識にも精通することで、交通事故に遭われた方の最大限の被害回復が実現できるよう努めています。

交通事故の損害賠償請求事件においては、自賠責保険に対する請求に様々な書類が必要だったり、膨大な資料を精査して適切な損害立証資料を揃えたり、煩雑で事務的な処理が必要な場面が少なくありません。
弁護士法人ALGでは弁護士とスタッフが協力して事件解決にあたっており、交通事故事件に関する経験が豊富で優秀なスタッフのおかげで事件をスピーディーに進行することができております。

交通事故に強い弁護士 大阪支部 櫻井 温史
大阪支部所属

シニアアソシエイト弁護士

櫻井 温史Atsushi Sakurai

事件の進捗に変化がない場合でも状況報告を行うなど、ご依頼者様のお気持ちに寄り添う事が重要だと考えています。

交通事故案件を適切かつ迅速に処理するためには、不法行為に関する知識以外にも、医学に関する知識、自賠責保険・任意保険等の保険に関する知識、自動車工学に関する知識、事実認定能力など様々な知識や能力が必要となります。交通事故に遭われた被害者の方のために、これらの専門的な知識や能力を駆使して事件を解決することにやりがいを感じたため、交通事故案件に力を入れたいと考えるようになりました。

ご依頼者様には専門的な用語はなるべく使わずに丁寧にわかりやすく説明すること、事件の進捗に変化がない場合でも定期的に状況報告を行うことを心がけています。また、交通事故に遭われて大変な想いをされているご依頼者様の方のお気持ちに寄り添うことも重要だと考えています。

また、弁護士法人ALGでは、所属している弁護士同士で常に協力できる体制を築いています。事件の進め方に悩んだ際には、支部内の他の弁護士と協議を行った上で最善の方針を決定するようにしています。
さらに、弊所大阪支部には医療過誤分野を専門的に取り扱う弁護士も在籍しているため、医学的知見が争点になるような案件については、必要に応じて相談を行っています。
弁護士同士で協議をすることでよりより良い解決策を見いだせる場合もあり、それができるところが弊所の強みでもあると思います。
交通事故に遭ってしまいお困りの方は、弁護士法人ALGに一度ご相談ください。

交通事故に強い弁護士 大阪支部 仁藤 仁士
埼玉支部所属

弁護士

仁藤 仁士Hitoshi Nitou

わかりやすい説明と、ご依頼者様の状況を常に考えた行動を心がけています。

法律相談でお客様と初めてお会いした際には、身体のみならず精神面でもダメージを受けていらっしゃることが多く、繊細になられている方もいるため、自身の言葉遣いや所作には注意を向けるようにしています。
また、初めて交通事故に遭われたという方が多くいらっしゃるので、交通事故事案の進み方、本件での論点、専門用語などをかみ砕いて説明するように心掛けています。

また、ご依頼いただいた後は、事故の態様についてどのような案件でもなるべく詳細にお尋ねするようにしています。治療途中のお客様に対しては、治療経過や症状の推移について適宜お尋ねするようにしています。
賠償額の請求内容を検討する際には、どのような獲得目標を設定するか、相手方損保の返答を予測した上でお客様にどのような見通しをお伝えするか、といったことを考えるようにしています。

弁護士同士で協力し事件解決にあたる体制が築けています

弁護士法人ALGでは弁護士同士での協力体制が築けておりますので、担当外の案件だとしても悩んでいることがあれば相互に相談し合うようにしています。また、一人では手が足りないという事案は共同して取り組みますし、他の弁護士から意見を求められた時には極力一緒に調べたり、考えたりするように心掛けております。
このように弁護士同士で協力する関係性が築けている事で、より良い解決を目指すことができる環境ができているのだと思います。
交通事故に遭われてお悩みの方は、一度弁護士法人ALGにご相談頂ければと思います。

交通事故に強い弁護士 東京本部 河上 知子
東京本部所属

弁護士

河上 知子Tomoko Kawakami

経験と理論に基づいてリスクを正しく説明し、より良い方法を提案します。

自分の身に起こった事でも、順序立てて、簡潔に話をすることは難しいことです。緊張されている方もいらっしゃるので、ご相談に来られた方には、リラックスした状態で、思っていることを何でもお話しいただけるよう努めています。もちろん、漫然と話を伺うのではなく、ご相談者様が、本当は、どこに疑問や不安を感じておられるのかを考え、円滑にご相談を進められるよう、努めています。

私は、交通事故を専門に扱う弁護士として、経験を積むことはもちろんですが、新しい知識の修得も怠らないことが重要だと思っています。交通事故に強い弁護士とは、経験と理論に基づいて、リスクを正しく説明し、より良い方法を提案することが出来る弁護士だと思います。

確かに、弊所は多くの交通事故を取り扱っていますが、ご依頼者様が弁護士に依頼しようと思われた理由はそれぞれ異なります。
ご依頼者様にとっては、辛い思いを強いられている1件の事故であることを心に留め、私に任せようと思ってくださった信頼を裏切らないよう、案件に対応しています。

交通事故に強い弁護士 大阪支部 榊原 和穂
大阪支部所属

弁護士

榊原 和穂Kazuho Sakakibara

ご相談者様の不安を少しでも取り除けるよう心がけています。

交通事故のご相談を頂く方は、交通事故に遭われるのは初めてという方がほとんどです。
ご相談時には、まず予想されるこれからの流れについてご説明させていただきます。また、事案特有の問題点があれば、どのような対策をとっていけるかを早いうちにお話しし、少しでも不安をとり除いていただけるよう気を付けています。

弊所では、経験を積んだ弁護士間で、同じような事故態様や傷害でどのような解決方法があるか、見通しはどうか等、いつでも相談できる体制があります。交通事故は、各々に特徴がありますので自分の扱っていないような事故を他の弁護士が経験していれば、この協力体制によって解決の道が大きく開けれることも多いです。示談交渉の時の請求額についても、弁護士数人で協議してより精度の高い方向性で示談を進めていくことができます。
交通事故案件は、手続きだけでなく全体を通して極めて専門性を要求されますが、弊所の弁護士も事務局もこれまでに多数の案件を解決してきた経験者ばかりですので安心してお任せいただきたいと思います。

交通事故に強い弁護士 大阪支部 塚野 学
大阪支部所属

弁護士

塚野 学Manabu Tsukano

弁護士間や事務員との間で定期的な勉強会も行っており、日々の研鑚を行っております。

交通事故のご依頼者様は、偶発的に交通事故に遭われてしまうこともあり、交通事故に対応するための知識を十分に持ち合わせていることはあまりありません。ですので、ご依頼者様が最も不安に思う今後の経過(たとえばいつまで治療を受けることができるのか等)や示談についての見通しを、様々な想定される場合を踏まえて、丁寧に説明することを心がけております。

弁護士法人ALGには交通事故を扱う多くの弁護士が所属しており、たとえば、1人の弁護士が事件の方針に悩んだ時であったとしても、他の弁護士と十分に協議することで多角的な観点から検討し、適切な方針を決定するという弁護士間の協力関係が構築できております。
また、医療分野を集中的に取り扱う弁護士も所属しておりますので、医学的な争点が生じた場合であっても、協力して事件に取り組むこともあります。
弁護士と事務員間でもひとつひとつの事件について進捗状況を互いに共有するためコミュニケーションを密に行っております。弁護士間や事務員との間で定期的な勉強会も行っており、日々の研鑚を行っております。
弁護士法人ALGがチーム一丸となって対応させて頂きますので、交通事故に遭われてお困りの方は、一度ご相談ください。

交通事故に強い弁護士 福岡支部 有松 尚広
福岡支部所属

弁護士

有松 尚広Naohiro Arimatsu

難事件は複数名で処理するなど、マンパワーを生かした協力体制があると感じています。

交通事故の案件は、ざっくり大別すると①物損と過失割合、②治療終了前の治療期間に関する交渉、③治療終了後の後遺障害等級認定申請乃至示談交渉、の3つのフェイズが挙げられます。
事件受任後は弊所が相手保険会社との交渉窓口になりますが、治療期間中の方々にはなるべく定期的に連絡を入れるように心がけています。
これは通院・治療の状況を把握する他にも、定期連絡によってご依頼者様の不安を取り除くことも目的としています。多すぎるとかえって負担をかけてしまいますので、状況に応じて頻度を調整しています。

弁護士法人ALGは弁護士同士の距離が近く、方針等に迷ったときは気軽に相談し合える環境があります。事件全般に言えることですが、難事件は複数名で処理するなど、マンパワーを生かした協力体制があると感じています。
交通事故に遭われてお悩みの方は、弁護士法人ALGに一度ご相談ください。

交通事故に強い弁護士 千葉支部 小林 優介
千葉支部所属

弁護士

小林 優介Yusuke Kobayashi

ご依頼者様が少しでも納得のいく解決ができるようにあらゆる方法を模索します。

私は、ご依頼者様との接し方において気を付けている事が3つあります。
一つ目は、ご依頼者様に親身に寄り添い、解決に向けて一緒に歩んでいく姿勢をしっかり示すことです。ご依頼者様は、怪我をするなどして、ただでさえ日常生活を送る上で大変な思いをしている中で、加害者側の保険会社、時には顧問弁護士とのやり取り等にさらに負担がかかっていることが多いです。被害者の代理人としては、ご依頼者様に親身に寄り添い、専門家が味方につくことで安心してもらい、ご依頼者様と一緒に解決に向けて動くという姿勢がまずは重要であると考えています。
二つ目は、できるだけ簡易な言葉で説明して、ご依頼者様にも事件がどういう流れで進んでいくのか理解してもらいながら、解決に向けて動いていくということです。交通事故において、「症状固定」「逸失利益」など専門的な用語が使用されるため、被害者がよくわからないまま事態が動いていくということが頻繁にあります。私は、専門家として難しい言葉をそのまま使うのではなく、ご依頼者様にも現状や今後の方針等を理解してもらいながら、示談等に向けて動いていくように心がけています。
三つ目は、ご依頼者様が少しでも納得のいく解決ができるように方法等を模索して提示することです。交渉でも裁判等でも、相手方(加害者側)がいることなので、こちらの請求・要求等が全て通ることは多くありません。その場合でも、適正な賠償額の獲得や早期解決のために、交渉を続けるべきか、こちらの要求を通すためにどういう角度で攻めるべきか、裁判等に移行すべき、などあらゆる方法等を模索、提示し少しでも納得のいく解決ができるように心がけています。

弁護士法人ALGは弁護士同士で強固な協力体制があるのが強みだと思います。

弊所は、平成29年5月時点で、東京本部と8つの支部を全国各地に構えており、60名を超える弁護士が在籍しているため、それぞれの弁護士が担当する交通事故事件の数を合計すると、かなり多くの交通事故事件を弊所で扱っていることになります。そして、それぞれの事件の進め方・解決方法等について、よりよい方法がないかを考える時に、類似の交通事故を扱った弁護士に気軽に聞き合うことができます。
特に、東京本部には、交通事故事業部という専門部を設けられており、交通事故事件の処理に関するノウハウ、知識等が豊富に蓄積されています。私は、今、千葉支部に所属していますが、かつては、東京本部の交通事故事業部に所属していたので、そこで多くを学びました。私は、他の弁護士よりも交通事故に関するノウハウ、知識等を多く備えていると自信を持っていますが、今でも気軽に交通事故事業部に所属している弁護士に意見を求めたりすることがあります。
このように、弊所は、所属している弁護士の数が多い上に、交通事故事業部という専門部を設けており、知識やノウハウ等を共有しやすく、また、他の弁護士に気軽に意見を求められる強固な協力体制があるのが強みだと思います。

交通事故の被害に遭われた方は、事故によって車両等に損傷を受けたり、お体を怪我したり、事故によって仕事に行けなくなったりなど、日常生活が一変してしまうほどの大きな影響を受けるものと思います。そして、車はどうなるんだろうか、体は治っていくのだろうか、事故後どういう風に保険会社と話が進んでいくのだろうかなど、多くの不安や悩みを抱えられていることだと思います。
そうしたときには、専門家として弁護士に依頼することを強くおすすめします。弁護士に依頼すれば、保険会社との交渉も弁護士が行ってくれたり、治療や今後の方針等についてのアドバイスをくれたり、心強い味方になってくれるはずです。
しかし、弁護士であれば誰でもよいかと言えば、そうでもないのが事実です。誰しも得意不得意があるように、交通事故に詳しくなく、交通事故事件をしっかり進めてくれない弁護士がいるのも事実です。そのため、安心して交通事故事件を任せたい、丁寧で迅速に事件を進めてほしい、適正な賠償額を獲得してほしい、と思われるのであれば、交通事故に詳しく、ノウハウや知識のしっかりした弁護士に依頼したほうが、丁寧で迅速に事件を進めてくれる上に、適正な賠償額も獲得してくれることでしょう。
その点において、弊所では、上記したとおり、所属している弁護士の多さ、交通事故の専門部が設置されていること、弁護士間の強固な協力体制があり、他の弁護士事務所にはサービスの面では負けない自信があります。弊所のレベルの高さは、受付担当から話を聞いていただくだけでもお分かりいただけると思います。何か少しでも困ったことがあれば、気軽にご相談ください。

交通事故に強い弁護士 福岡支部 税所 知久
福岡支部所属

弁護士

税所 知久Tomohisa Saisho

相手がどれだけ立派な看板を掲げていても、きっちり戦うことが大切です。

交通事故の案件で強く印象に残っているのが、相手方100%過失の追突事故で、相手方に弁護士が就き、強硬な態度で早々に一括対応を打ち切った事案です。
自分は何も悪くないのに、相手方代理人の攻撃的な書面で精神的に不安定になってしまった依頼者を支えながら、手続を進め、最終的には裁判基準での示談がまとまりました。平素から気を付けていることですが、こちらは間違っておらず、しっかりと戦うべき案件では、相手がどれだけ立派な看板を掲げていても、きっちり戦うことの大切さを改めて学びました。
交通事故に限りませんが、記録の隅々まで目を通し必要な事実を満遍なく拾い、文献調査の労を惜しまない弁護士こそが強い弁護士と言えると思います。

弁護士法人ALGの福岡支部では、支部の弁護士全員の顔が見え、声が届く距離にデスクが配置されています。請求金額の多寡にかかわりなく、慎重な検討を要する難しい事件は、支部の弁護士で検討して臨む態勢ができています。「検討」といっても、会議のような大仰なものではなく、複雑な法律論を雑談するように気軽に議論をすることができる環境です。
ご依頼者様一人ひとりの事件に弁護士一同、一丸となり対応させて頂きますので、交通事故に遭われてお困りの方は一度弁護士法人ALGにご相談ください。

交通事故に強い弁護士 東京本部 辻 正裕
東京本部所属

弁護士

辻 正裕Masahiro Tsuji

泣き寝入りする被害者の方を減らしたいと考え、交通事故被害者の弁護をしようと思いました。

交通事故って、自分に全く責任がなくとも、遭いますよね。
なのに、きちんと補償を受けようとすると、がめついとか言われたりします。
架空請求でもないのに、きちんとした説明を受けないままに、泣き寝入りする被害者の方が多いことに気付きました。
そういった方を減らしたいと考え、交通事故の被害者側の弁護をしようと思いました。

ご依頼者様とのやり取りにおいては、何においても理由をしっかり説明しようと心がけています。
依頼者の方は、ほとんどの場合、賠償問題の素人です。さらにいえば、自動車保険についても詳しくない方がほとんどです。
よくわからないままに話が進むことは、余計なストレスを生みますので、できる限り依頼者の方には理由を説明してご理解いただけるようにと心がけています。

交通事故に遭い、なぜ支払われないのか。この支払でいいのか等、いろいろなことに疑問を抱かれている方は多いでしょう。
賠償金が相当なのかどうかを支払う側に対して聞いたところで、信用できるわけがありません(仮に相手方保険会社の言うことが正しくても、相手方の言うことを信用することは難しいでしょう。)。
そんな方は、一度弁護士に相談されてみるとよいでしょう。相談せずに後悔するより、相談してみてください。相談されて後悔することはありません。

交通事故に強い弁護士 名古屋支部 稲垣 美鈴
名古屋支部所属

弁護士

稲垣 美鈴Misuzu Inagaki

専門用語を使わず、ご依頼者様のご負担にならないようお話を進めます。

手続きについてご説明する際には、できるだけ専門用語を使用しないように気をつけています。交通事故案件においては、ご依頼者様が交通事故による傷害に基づきどのような症状を訴えているかが重要になることがあります。しかし、自分の症状を意識的に説明することは難しいものですので、ご依頼者様にどのような症状があるのかと、包括的に聞くのではなく、ご依頼者様が診断を受けている傷病名(例えば、頚椎捻挫等)から想定される症状がないか、といった形で質問させていただくようにしています。

一人当たりの担当している交通事故案件自体はそれなりにありますが、それでも当たったことのない事例やわからないこともあります。その場合は、他の弁護士に類似の事例に当たったことがないかを聞いたり、案件処理の方針について相談したりすることが気軽にできるようになっています。
また、事件処理の参考になるような資料については共有し、次の類似の事案に生かせるようにしています。
法人全体で蓄積したノウハウを駆使し、より良い解決に向けて尽力させて頂きますので、交通事故に遭いお困りの方は弁護士法人ALGにご相談頂けたらと思います。

交通事故に強い弁護士 横浜支部 松本 碧
横浜支部所属

弁護士

松本 碧Midori Matsumoto

損害賠償の公平かつ適切な運用に貢献し、被害回復の力になりたい。

交通事故の処理をやりたいと思ったきっかけは、任意保険による賠償の実態と、裁判所での基準がかけ離れているケースも多々あるという事実を知ったことです。裁判所で運用されている基準は、実務家や学者が長年蓄積してきた努力の結果、公平であると認められて運用されているものです。そして、保険会社は、契約者から頂いている保険料を運用して、適正な賠償を支払うべき立場にあります。
損害賠償の公平かつ適切な運用に少しでも貢献し、被害者の方々の被害回復のお力になれればと思い、交通事故に興味を抱くに至りました。

交通事故は、人損も物損も損害が判明ないし確定した時点でできるだけ早期に保険会社に報告することにより、その後の交渉がスムーズに進んでいくことも多くあります。そのため、ご依頼者様には、どのような損害が今生じており、また、その損害を証明するために必要になる証拠のうちどのようなものが今お手元にあるか等を、適宜、できるだけ詳しくお伺いするようにしております。
また、当然のことではございますが、過失割合等でもめた場合には、過去から最新に至るまでの裁判例等を調査・分析し、裁判実務に即したより公平な合意に至るよう、心掛けております。

  • 弁護士法人ALG 大阪支部長 長田 弘樹(大阪弁護士会)
    大阪支部長 弁護士
    長田 弘樹(大阪弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 名古屋支部長 谷川 聖治(愛知県弁護士会)
    名古屋支部長 弁護士
    谷川 聖治(愛知県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 宇都宮支部長 山本 祐輔(栃木県弁護士会)
    宇都宮支部長 弁護士
    山本 祐輔(栃木県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 名古屋支部長代理 井本 敬善(愛知県弁護士会)
    名古屋支部長代理 弁護士
    井本 敬善(愛知県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 横浜支部長 豊田 進士(神奈川県弁護士会)
    横浜支部長 弁護士
    豊田 進士(神奈川県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 福岡支部長 今西 眞(福岡県弁護士会)
    福岡支部長 弁護士
    今西 眞(福岡県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 埼玉支部長 那賀島 八起(埼玉弁護士会)
    埼玉支部長 弁護士
    那賀島 八起(埼玉弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 姫路支部長 西谷 剛(兵庫県弁護士会)
    姫路支部長 弁護士
    西谷 剛(兵庫県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 事業部長弁護士 日向 祥子(東京弁護士会)
    事業部長弁護士
    日向 祥子(東京弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 大阪支部所属 櫻井 温史(大阪弁護士会)
    シニアアソシエイト 弁護士
    櫻井 温史(大阪弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 埼玉支部所属 仁藤 仁士(埼玉弁護士会)
    埼玉支部 弁護士
    仁藤 仁士(埼玉弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 東京本部所属 河上 知子(東京弁護士会)
    東京本部 弁護士
    河上 知子(東京弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 大阪支部所属 榊原 和穂(大阪弁護士会)
    大阪支部 弁護士
    榊原 和穂(大阪弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 大阪支部所属 塚野 学(大阪弁護士会)
    大阪支部 弁護士
    塚野 学(大阪弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 福岡支部所属 有松 尚広(福岡県弁護士会)
    福岡支部 弁護士
    有松 尚広(福岡県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 千葉支部所属 小林 優介(千葉県弁護士会)
    千葉支部 弁護士
    小林 優介(千葉県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 福岡支部所属 税所 知久(福岡県弁護士会)
    福岡支部 弁護士
    税所 知久(福岡県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 東京本部所属 辻 正裕(東京弁護士会)
    東京本部 弁護士
    辻 正裕(東京弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 名古屋支部所属 稲垣 美鈴(愛知県弁護士会)
    名古屋支部 弁護士
    稲垣 美鈴(愛知県弁護士会)
    メッセージを見る
  • 弁護士法人ALG 横浜支部所属 松本 碧(神奈川県弁護士会)
    横浜支部 弁護士
    松本 碧(神奈川県弁護士会)
    メッセージを見る

弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員 弁護士金﨑浩之から交通事故の被害に苦しむ方へ

弁護士法人ALG&Associates代表執行役員 弁護士 金﨑浩之

交通事故でお悩みの皆様へ。
弁護士法人ALG 代表執行役員 弁護士の金﨑です。
弁護士になったころ、担当した事件で大きな壁にぶつかりました。
交通事故に関する法律に関する判例や事例集については膨大あり、それらの中から有利な状況を獲得するための判例を探し続けることに苦労しました。

そして次に、医学的な知識の壁にぶつかりました。初歩的な医学書では対応できず、とはいえ専門的な書籍を読んでも記号が並んでいるようにしか思えず、レントゲンやCTを見ても何がどう違うのか皆目見当もつきませんでした。幸い、協力してくれる医師の存在でご依頼者様に有利な結論を得ることができましたが、司法試験に受かって判例・事例をいくら積んでも、医学的な知識も兼ね備えなければ有利な結論が得られない場合があると考えたのです。
そこで、交通事故事業部を組織して、弁護士・スタッフを徹底的に事例研究等させるなど研鑽させるとともに、すでに組織していた医療過誤事業部と密接な連携体制を作り上げることで、高度な専門性を有する集団を作り上げています。
事例が積み重なり、依頼が多くなるに従って、得るべき医学的知識・事例研究も増えていきます。交通事故の被害者のために、高度な専門家集団として、弁護士法人ALGはお役に立つ存在でありつづけたいと考えます。
まずは、我々にご相談いただければ幸いです。

交通事故チームスタッフからのメッセージ

弁護士法人ALG&Associates 交通事故チームスタッフ

交通事故の被害者の方は、身体の痛みもあり、今後どうなるのかご不安なお気持ちが大きいと思います。そのようなご不安を取り除けるよう、お客様の心に寄り添い丁寧にお話をお伺いすることを心がけています。

また、事故の詳細についてお伺いさせて頂いた後、今後の流れや弁護士に依頼するメリット、弁護士にご依頼頂くベストタイミングを分かりやすくお伝えするようにしています。

いざ弁護士とのご相談となると、緊張してしまって何をどう話したらいいのか分からないという方もいらっしゃいますので、事前に受付の職員が、事故のご状況・お身体の症状・弁護士とご相談したいこと等をお伺いし、担当弁護士に引き継いでおきます。お客様のご意向も含め、当日の弁護士とのご相談がスムーズが行えるように段取りを整えておきますので、ご安心してご相談下さい。

弁護士法人ALG 所属弁護士

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは「交通事故チーム」のスタッフが、分かりやすく丁寧に対応致します

ご依頼するか迷われている方も、まずはお気軽にお問合せ下さい

私たち「交通事故チーム」が対応致します!
フリーダイヤル0120-572-238

年中無休・全国対応 【24時間受付】

こんなご質問にもお答えします
提示された賠償金額が適正か知りたい
そもそも、弁護士を介入させるべき?(弁護士を介入させることが必ずしもメリットではありません!)

弁護士法人ALG 支部情報

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG東京本部

東京本部

〒163-1128
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー28F

東京本部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG宇都宮支部

宇都宮支部

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル9階

宇都宮支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部

埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25
イーストゲート大宮ビルB館4階

埼玉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG千葉支部

千葉支部

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-3-1
フジモト第一生命ビルディング8階

千葉支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部

横浜支部

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5番地1号
横浜クリエーションスクエア15階1503号室

横浜支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG名古屋支部

名古屋支部

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1-4-6
三井生命名古屋ビル10階

名古屋支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部

大阪支部

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10
梅田パシフィックビルディング801

大阪支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG姫路支部

姫路支部

〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12番地
姫路白鷺ビル301号

姫路支部の詳細ページへ

弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG福岡支部

福岡支部

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡4F

福岡支部の詳細ページへ